テイルズオブリバース秘奥義

テイルズオブリバース秘奥義
前衛キャラクターと後衛キャラクターが2人一組で放つ必殺技。従来の秘奥義と違い、前衛と後衛のキャラクターが行動可能な状態で、かつ敵に止めを刺すときにしか使えないので、使用状況はかなり限定される。

テイルズオブリバースのフォルスキューブ
術技が持つ本来の効果に加え、+αの特殊効果を付加するシステム。前述通り、FG全快の状態で術技を使用すると、あらかじめセットしておいたフォルスキューブの特殊効果が発揮される。術技使用時のHP回復量を高める「ヒール」や、術技使用後の硬直時間を短縮する「ファスト」などの様々な特殊効果が存在し、セットした術技を使い込むほどその効果は向上していく。各キャラクターはそれぞれ8種類の特殊効果を持っているが、「キューブ」の名称の通り、立方体の頂点に設定された特殊効果を十字キーに設定された術技に当てはめるというシステムのため、特殊効果の組み合わせ方は六通りに限られ、自由に付け替えることは出来ない。

テイルズオブリバースGRADE
戦闘終了時に手に入る戦闘の評価点。本作では特定の条件を満たせるか否かがGRADE入手の条件となる。戦闘中にアイテムを使用した場合はその戦闘で得られるGRADEが数パーセント減らされるが、それ以外に減点対象となる行動は存在せず、入手GRADEが0を下回ることは無い。そのため、一度入手したGRADEが減ることはないが、同じ組み合わせの敵に対して同じ条件でGRADEを入手できるのは一度限りであるため、入手できるGRADEの総量は限られている。

テイルズオブリバース・エンハンス
戦闘に勝利する事で装備中の武具に蓄積するEP(エンハンスポイント)を消費して武具を強化できるシステム。溜めたEPを武具が持つ各種の性能に割り振ることで、EPを割り振った項目を強化できる。強化できる回数は武具によって異なり、高レベルの武具ほど強化できる回数が多い。

テイルズオブリバース・潜在能力
テイルズオブリバースでは武具が持つ追加効果を「潜在能力」、その追加効果が戦闘中に発生する確率を「覚醒率」と呼ぶ。最初から潜在能力が備わっている武具は存在せず、エンハンスで何回か武具を強化すると、武具に潜在能力が付加される。潜在能力の覚醒率は潜在能力ごとに決まっているが、EPを潜在能力に割り振れば覚醒率を上げることが出来る。
潜在能力は全ての武具に付加するが、1つの武具に対し1つしか付加させられず、一度付加したら変更することが出来ない。また、どのような潜在能力が付加されるかはランダムであり、同じ武具に同じ潜在能力が付加するとは限らない。

テイルズオブリバース・属性
テイルズオブリバースには潜在能力同様、最初から属性を持つ武具も存在せず、特定のアイテムを使用して属性を付加させることができる。どの武具にも好きな属性を付加することが出来るが、基本的に1つの武具に付加することの出来る属性は1つだけで、付加した属性を取り消したり別の属性で上書きしたりすることは出来ない。
属性付加のシステムは厳密にはエンハンスとは関係無いが、同じ武具カスタマイズのシステムとして同じ項目に記述する。

テイルズオブリバース・武具継承
エンハンスで強化した武具の「強化の度合い」を他の武具に継承させるシステム。「継承先」の武具はエンハンスとは別に性能が向上し、エンハンスされていない状態の同じ武具よりも強力になる。継承によってどの性能がどれだけ向上するかは「継承元」の武具がどの性能をどれだけ強化していたかによって決まり、継承を行うと「継承元」の武具は消滅してしまう。なお、武具継承で強化することが出来るのは、まだエンハンスも武具継承も行っていない未強化の武具に限られる。
武具継承で継承されるのは「エンハンスによる強化の度合い」のみで、武具自体の能力は勿論、武具継承による強化の度合いや潜在能力、属性などは継承されない。
| 裏技

テイルズオブリバース概要

テイルズオブリバース概要
マオたちは今カレギアが置かれている状況を説明し、ヴェイグに協力を求める。しかも、今回は、タウンマップを従来のクォータービューからサイドビューに近い視点に変更し、さらに、キャラクターの位置や移動方向に合わせ拡大縮小するようになりました。現在は先代国王の一人娘であるアガーテが父の跡を継ぎ、女王の座についている。それから一年後、クレアの傍で絶望していたヴェイグのもとを見知らぬ二人が訪れる。

マオとユージーンと名乗る彼らの協力で、ようやくクレアの解放を果たすヴェイグ。古代、困難に見舞われた二つの種族は互いに協力しこの王国を築いた。もちろん、この『リバース』でもその独特なグラフィックは健在です。この壮大な物語は、いのまたむつみ先生デザインによるキャラクターたち、豪華声優陣、華麗なアニメムービーパート、暖かみのあるグラフィック、躍動感あふれる戦闘システム等で、繊細かつ鮮烈に描かれます。

応じる気のないヴェイグだったが、既に事態は彼の意思とは関係なく動き始めていた──知的活動に優れたヒューマ、身体的能力に優れたガジュマの異なる二つの種族が共存する王国。ヒューマとガジュマの共存のもと、長い平和を享受してきたカレギア王国。しかし国王ラドラスの死と同時に起きた災厄「ラドラスの落日」によって、その平穏は突如終わりを告げる。 『テイルズ オブ』シリーズと言えば、暖かみのある手書き風のグラフィック。

建国以来、カレギア王国は代々ガジュマの王を戴き、その統治のもと、平和と繁栄の道を歩んでいたのだが、 先代国王ラドラスの崩御と時を同じく、カレギアの 平和に翳りがみえはじめた。シリーズ最新作となる『リバース』は、かつて争い合った2つの異なる種族、ヒューマとガジュマが織り成す再誕の物語。「落日」によって特殊能力フォルスが覚醒したスールズの若者ヴェイグは、暴走したその力のせいで幼馴染のクレアを氷漬けにしてしまう。

| 裏技

システム

テイルズオブリバースのHP回復
テイルズオブリバースには従来のシリーズ作品の「ファーストエイド」や「ヒール」の様なHPを回復する為の術技が殆ど存在しない。また、回復アイテムであるグミも高価で貴重なものとなっており、戦闘中に任意のタイミングでHPを一定量以上回復する事が難しくなっている。その代わり、戦闘中に特定の条件を満たすとHPが回復するようになっており、テイルズオブリバースではHPの回復はそれらの条件を繰り返し満たす事で行うのが基本となる。また、その際の回復量は条件を満たしたキャラクターのHP回復力が高いほど多くなる。
HP回復の条件には「FG全快で術技を使う」「弧法陣(後述)に入る」「敵を倒す」などがあり、如何にしてこれらの条件を満たすかがHP回復の要点となる。また、RGとHP回復の関係上、HPの回復量を確保しつつ戦うには「ある程度攻撃したら後退してRGの低下を促す」と言うヒット&アウェーの戦法を取る必要がある。尚、回復アイテムによるHPの回復量はキャラクターの最大HPを元に算出されるので、RGの蓄積量に関係なく一定量のHPを回復できる。


テイルズオブリバースの術技形態
テイルズオブリバースの術技はシステム上、特技、導術、陣術、錬術の4種類に大別される。また、術技の上位技として奥義がある。本作では威力や詠唱時間、術技使用後の硬直時間、術技使用時の鋼体(敵の攻撃に仰け反らないでいられる)時間などが詳細に数値化され、メニュー画面で確認する事ができる。
テイルズオブリバースでは全ての術技がHP回復の手段を兼ねているが、各術技には異なるHP回復力が設定されており、それによって使用時のHPの回復量も異なる。また、前述通りFGの値も術技によって異なる。HP回復力が高い術技や、FGの値が低くFG全快で使用できる機会が多い術技はHP回復向けの術技と言える。

テイルズオブリバースの特技
武器を用いて技を繰り出す術技。導術に比べ射程距離や効果範囲が狭く1ヒット当たりの威力も低いが、詠唱時間を必要とせず、通常攻撃から連携する事が可能。
導術
いわゆる攻撃魔法。特技よりも強力且つ射程距離も長いが、発動までに詠唱時間を必要とし、その間に攻撃を受けると不発に終わる。また、FGが全快でない状態で放つと威力が大幅に低下する。


テイルズオブリバース テイルズオブリバース完全攻略

| 裏技

キャラクター

RG
テイルズオブリバースのキャラクターの感情の高ぶりを示すゲージで、蓄積量に応じてキャラクターのパラメータを変動させる性質を持つ。テイルズオブリバースは特定のコマンドにより任意に増減させる事が出来る他、敵にダメージを与えたり敵からダメージを受けたりすると蓄積し、敵の攻撃を防御したりバックステップすると減少する。このスピードはキャラクター毎に異なり、冷静なキャラほど戦闘開始時の蓄積量・上昇速度が低く、低下速度が速い。RGが100%蓄積した状態を「ラッシュバースト」RG0の状態を「クールダウン」と言う。
RGが上昇すると敵に与えるダメージが増えるが、同時に敵から受けるダメージも上昇し、HPの回復量は逆に低下してしまう。特にラッシュバースト時はHPを回復する行動を取っても全く回復しなくなる為、RGが高過ぎる状態が継続するのは危険である。一方、クールダウン時には敵の攻撃を防御できないと言う特性があり、RGが少ないと言う事は敵の攻撃を連続で防御できる回数が少ない事を意味する。また、術技の上位技である奥義はRGが一定以上蓄積していなければ使用できない為、敵との攻防を続ける上ではある程度RGが蓄積していたほうが有利である。
以上の様に、テイルズオブリバースではRGが一方に偏る事は有利であると同時に危険でもあり、状況に応じて適切な量に調整する事が重要である。また、ラッシュバーストしたキャラクターはその瞬間だけ無敵状態になる特性があり、こちらの連携中に敵がラッシュバーストすると連携が途切れてしまう。その為、味方だけでなく敵のRGにも気を配る必要がある。


テイルズオブリバース テイルズオブリバース完全攻略

| 裏技

戦闘

テイルズオブリバースフォルスゲージラッシュゲージ
テイルズオブリバースの戦闘中の行動や時間経過によって増減する2種類のゲージ。「フォルスゲージ(以下FG)」は術技に、「ラッシュゲージ(以下RG)」は戦闘中のパラメータに係わる。テイルズオブリバースには従来のシリーズ作品で術技のパワーソースの役割を果たしていた「TP」は存在せず、この2種類のゲージが重要な要素となる。

FG
テイルズオブリバースの術技や奥義を行使する際に消費されるゲージ。各々のキャラクターは、術技がセットされているコマンド(十字キー)に対応した4本のFGを持ち、術技を使用するとそのコマンドに対応したFGが消費される。テイルズオブリバースのFGは時間経過や通常攻撃を繰り出す事、敵を倒す事で回復し、一度術技を使用すると溜めたFGは全て消費される。FGの回復量はそのキャラクターのFG回復力が高いほど多くなる。
FGが全快でなくとも術技を使用する事が出来るが、FG全快の状態で術技を使用した場合、テイルズオブリバースの追加効果が発生する。又、術技自体の威力もFG全快の場合の方が高い為、術技はなるべくFG全快の状態で使用するのが好ましい。
4本のFGは画面上では全て同じ大きさで表示されるが、実際には対応するコマンドにセットされた術技によって最大値が異なる。基本的に強力な術技ほどFGの値が高く設定されており、全快までに時間が掛かる。また、奥義の使用の為にFGを消費すると、全快までに更に時間が掛かる。


テイルズオブリバース テイルズオブリバース完全攻略

| 裏技

PCゲーム

テイルズオブリバースではこの世界には、対照的な2つの種族、ヒューマガジュマがいる。ヒューマは「人間」の外見を持ち、知的能力に優れており、一方のガジュマは「獣人」の外見を持ち、身体能力に優れ、不思議な力「フォルス」を操る者の大半はこちらだった。この2つの種族は同じ「ヒト」として、ガジュマの王をいただくカレギア王国のもとで、普段は種族を意識することなく、平和に共存していた。しかし、1年前のカレギア王ラドラスの変死とその後の混乱、いわゆる「ラドラスの落日」によって、本来ガジュマが持つ力であった「フォルス」がヒューマにも現れるようになり、またバイラスと呼ばれる怪物が異常発生するようになった。加えて年若い新女王、アガーテによって国は大いに乱れることになった。

北のはずれ、スールズに住むヴェイグは、突然発現した自身の「フォルス」の暴走で大切な幼馴染クレアを氷づけにしてしまう。手を尽くしたが氷の中から彼女を救い出すことはできず、途方に暮れていた。そして1年後、2人の尋ね人が彼のもとを訪れるところから、テイルズオブリバースの物語は始まる…。

テイルズオブリバースの戦闘システム。テイルズシリーズでは一貫してリニアモーションバトルシステムを採用しており、テイルズオブリバースの作品ごとに独自の改良工夫が施されている。
テイルズオブリバースに採用された『3L-LMBS(3ラインリニアモーションバトルシステム)』は、従来の2Dのテイルズオブリバースの作品では1本だった移動の軸となるラインを3本に増やす事で戦闘フィールドの「奥行き」を表現している。この3本のラインは自由に乗り換える事ができ、従来のライン上での動きにラインの乗り換えを加える事で3次元的な移動を可能にしている。
一方、テイルズオブリバースの通常攻撃や一部の術技は同じライン上の敵にしかヒットせず、別のラインの敵を攻撃するにはラインを乗り換えるか別のラインを攻撃する性能を持つ術技を使用しなければならない。これは敵の攻撃手段も同様であり、従来のテイルズオブリバースの作品以上に戦闘中の「位置取り」が重要な要素となる。

3本のラインをはじめ、テイルズオブリバースでは従来のテイルズオブリバースのシリーズ作品と異なる独自の要素が多い。



テイルズオブリバース テイルズオブリバース完全攻略


| 裏技

ストーリー

テイルズオブリバースはストーリーが最高ですね。

ただ、テイルズオブリバースの後半のストーリーは非常に感動的ですね。主人公がかつての自分の罪

に気づいて成長していくところとか、このテイルズオブリバースの物語の影?の主人公が長く苦しんできた運命に打ち勝つ所

とか、非常に見所のある作品になっていると思いました。

私個人で言えば、テイルズオブリバースの前半のストーリーでは、謎というか悲しさが残るエンディングばかりだったですが。

絵も原作と違って女性も意識したんだろうと思いますけど、ホントきれいで変な偏見さえなければ

男女問わず楽しめる話になっています。

後半ホント泣けました(笑)

因みに前半での謎はテイルズオブリバースの後半のストーリーの各所でネタバレ的にちゃんと書いてあり、其の点の作者さんの手腕もすごいと思いました。

ちなみにテイルズオブリバース系の売上は下記のようになっています。

PS2『テイルズオブデスティニー2』---02/11/28/ 66万2699本
PS2『テイルズオブリバース』 ------04/12/16/ 49万3373本
PS2『テイルズオブジアビス』 ------05/12/15/ 44万0225本
PS2『テイルズオブシンフォニア』----04/09/22/ 39万0414本
PS2『テイルズオブレジェンディア』---05/08/25/ 34万2779本
PS2『テイルズオブリバース』-------04/12/16/ 15万2551本


テイルズオブリバース テイルズオブリバース完全攻略



【お薦めサイト】
 クリスマスローズの花言葉
 川島なお美 素敵な川島なお美
 大阪府への楽しい旅行
 京都アニメーション
 華麗なる一族 結末ネタバレ
 スーパーラジコン スーパーラジコンの魅力
 槇原敬之の僕ら
 脱毛ミスパリ
 フリーダイヤル
 ブエラリアの効果
 メタルギアソリッド3攻略
 フロアーマット 美しいフロアーマット
 フェアリーテイル 妖精のフェアリーテイル
 京都タワー
 ジョン・ガリアーノ 魅惑の世界
 ハンドメイドワンピース
 竹下通り
 リサイクルされないペットボトル
 さとえりブログ さとえりの世界
 オリエンタル工業
 しだれ桜 全国20選
 防災頭巾と地震
 王貞治の栄光と挫折
 妊娠初期出血
 ジャニーズウェブ
 ペーパーマリオRPG
 NIKE ナイキシューズ
 ラッセル モカシン 
 韓国男優チソン
 スズキワゴンR
 大人パーティー
 日刊youtubeアニメ スパロボ参戦
 日刊youtubeアニメ 機動戦士ガンダム
 日刊youtubeアニメ ドラゴンボール
 日刊youtubeアニメ モンスターハンター
 日刊youtubeアニメ ポケットモンスター
 日刊youtubeアニメ ドラえもん
 日刊youtubeアニメ ルパン三世
 日刊youtubeアニメ プリキュア
 日刊youtubeアニメ BLUE DRAGON
 日刊youtubeアニメ ゲゲゲの鬼太郎
| 裏技

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。